災害にあったとき備えが欲しい携帯トイレの数々

災害時に絶対必要な携帯トイレのマストはどれ

最近の防災へ意識変化が必要

今年大きな災害の直撃の影響でたくさんの被害が全国を襲い、住民は被害の復旧に追われ、国の対応の遅れも重なり現在も復旧には程遠い状態が続いております。
これには今まで日本政府が行ってきた防災対策が何の役にも立たなかったことを証明することになり、国の対策の甘さが露呈した形になってしまいました。
さらに予想をはるかに超えた被害の大きさに住民もついていけず、復旧がまったく機能しなかったことも大きな原因としていえると思います。
そして防災グッズの常備や避難訓練の不足と認識の甘さも問われることとなってしまいました。
このことから我々は防災グッズの常備の認識や避難についての考えを位置から改めなくてはならなくなりました。

防災グッズを家庭に常備する重要性

特に大きな問題は調査の結果60%以上の人々が防災グッズを常備していなかった事実、必要性を知りながら着手していない人の多さが現在問題視されています。
今回の大きな災害で我々に求められていることは、防災への意識改革と防災グッズの常備の絶対的な必要性を意識することに尽きるかと思います。
また今まで常備していた人も今までの備えでは足りないことを十分意識して備えの見直しや点検を再度行っていくことが非常に重要だと感じます。
そこでこれを機に家庭にある防災グッズを再度見直し再点検し、新しく加えるものを選択補充していかなくてはならないと思います。
そうした習慣を身に付けることによって防災意識が自然と高まり、日常の備えに繋っていくように思えます。


シェアする

B!