災害にあったとき備えが欲しい携帯トイレの数々

種類色々防災グッズの備えておくべき数

防災グッズの種類と用意すべき道具

さて防災グッズといえばいったいどのようなものを思い浮かべるでしょうか、一番には乾パンなどの非常食料、さらに懐中電灯やろうそくなどの照明器具、携帯用ラジオなどを連想する方が多いと思います。
しかし、現在は避難生活の長期化や今夏の災害で足らなかったものなど、新たに考えなくてはならなくなった防災用品も多く出現していると思います。
たとえばテントや長期保存の利く飲料水なども今回の災害で新たに必要になったものとして上げられるかと思います、避難が長期化することによって仮の住居としてテントが使え、もし給水活動が途切れた場合の飲料水の確保に水を備蓄することが重要な点として見えてきました。
これらを踏まえるとまだまだ必要な防災グッズは有ると思います。

色々な種類の防災グッズを常備する

よっていろいろな防災グッズを普段から用意しておくことがどうしても必要になってきます、今までは考えもつかなかったものが現在の対策として有効である場合や被害の拡大とともに必要となったグッズなどは新しく用意しておかなくてはならないでしょう。
たとえば今までの携帯ラジオではなく、手回しで発電して使用する携帯ラジオと照明がセットになっており、さらにUSB端子が付属していて携帯電話やスマートフォンの一時充電が可能なものなどは新しい視点を持ったこれからは必携のグッズとなるでしょう。
さらにアルミ製の折りたためるブランケットや空気で膨らますタイプのエアマットなど新しい視点を持ったグッズはこれからの必須グッズになっていくでしょう。


シェアする

B!