これはあるとマストな防災グッズ携帯トイレ

避難生活の中で一番重要な事項達

そして避難生活の中で一番重要なことは生活の基準として基本となる事項、衣食住の問題はやはり避けて通ることはできません、現在では乾パンだけにとどまらず食の面では暖めずに水だけで食べることができる米やレトルト食品、住環境の面では持ち歩きがコンパクトで組み立てると大きい避難用テント、衣類面では水だけで洗濯ができる洗濯パック、そして寒さをしのぐのに揉むだけで発熱するヒートパックなど、今まででは携帯できなかったようなもの、新しい用途のためのグッズなどが今急速に注目を集めています。
また、これらを一気にまとめて携帯できるリュックなど以前はアウトドア用として考えられていたものも現在では使える防災グッズとして捉えられ始めています。

生理現象は一番我慢がつらい

しかしなんといってもつらいのは生理現象に対する対策です、今回の災害では国が用意した簡易トイレではまったく数が足りず、長蛇の列ができたと聞いています。
そこで災害用の携帯トイレは防災グッズとして必ずもっておきたいグッズといえるでしょう、生理現象だけは我慢や調節には限界があり、体調不良を引き起こす原因にもなります。
簡易トイレには複数種類があってバケツほどの大きさになっている固体形と非常用袋で使用するタイプの簡易型などの種類があります。
固体型は完全に汚物を溜め込む形のもので持ち歩き似は不便ですが座って使用することができます、一方簡易型は殺菌されたビニール袋になっていてその中に用を足し廃棄してそのつど処分します。
避難箇所がはっきりしている場合は固体型でも良いですが、やはり非常用としては簡易型のほうが良いでしょう。
携帯トイレは防災グッズの必需品として常に常備しておきましょう。


シェアする

B!